MENU

プチ断捨離でパフォーマンスアップ〜捨てる勇気〜

先日住む環境を変えることで自分を変えることができるとブログで紹介しました。

今回は引越し後に行ったプチ断捨離から得たことを紹介していきます。

目次

はじめに

はじめに断捨離前の様子や私の性格について簡単に紹介します。

断捨離前の家の様子

先日の記事でも紹介をしたのですが、私は何度か引越しをしておりその度にものすごいペースで家を探し、引越しの準備をして、新しい家に引越しをするということを何度か続けてきました。

その度にいらないかなと思ったものは処分してきたつもりでしたが、捨てていいのか悩むものや使ってもいないのに大切だと思っていたものは、とりあえず引越し用の段ボールに割と早い段階から入れて引越し先の家に持って行っていました。

よく考えたら、早い段階で段ボールに入れるものは、普段使っていないものなので捨ててもいいものだったと感じています。

引越しを経験したことある方は理解いただけるかなと思うのですが、そんなことも考えられないほど引越しって忙しいと私は感じています。

やることが荷物を詰めるだけではなく、住民票や仕事でも準備などをする必要があり、ゆっくりこれは必要なもの、不要なものという判断をしている余裕はありませんでした。

本来新しい家に来る前にきれいに荷物をしておきたいところですが、うまくいかずとりあえず家にあるものほとんどを次の新しい家に持っていくというのが断捨離前の私でした。

私の性格について

私は根っからの貧乏性で、ちょっとしたものでももったいなくて捨てることができません。またいつか使うかもしれない、いつか使う時が来る、、、そう思って普段使っていないものを捨てることができない性格です。

また、高いものを購入したときには、もったいなくて使えない、汚れてしまったらどうしよう、、、そう思い部屋の奥の方にずっと置きっぱなしになっています。

食べ物も買ったまま忘れてしまって賞味期限が切れてしまったり、旅行先で買った美味しそうなお土産も今度美味しく食べようとずっととっておき、賞味期限の切れたあまり美味しくない状態で食べることも多いです。

そんな私が今回プチですが、断捨離を行い私自身を変えるきっかけになったと感じています。

断捨離の始め方

断捨離と聞くと時間がかかりそう、疲れるそんなイメージがあると思います。

私もまた今度やればいいかそんな感じで約1年この家で生活をしてきました。

家が汚いと疲れが取れない、集中力が途切れる、ものを探す時間がかかるなどいいことが1つもありません。

そのため私はこのゴールデンウィークの休みを利用し、家にあるものをきれいにしました。

家の全体を確認

私はまず、自分自身の家全体を確認して、細かく分類分けしました。

字が汚いので実際の紙をお見せすることはできませんが、細かく分類分けして紙に書き出しました。

例えば、キッチン、リビング、寝室、手洗い場、風呂、玄関、夫仕事部屋などのように場所ごとに分類分けをしていきました。

更に、キッチンの中で食器棚、食品の棚、冷蔵庫、小さい棚のように細かく分けていきました。

細かく分けていき、紙に書き出すことで見える化できます。

私はA4の紙2枚ほどになるくらい分類を分けて書き出しました。

捨てるところと一緒にしばらく掃除できていなかった窓なども一緒に入れて断捨離と一緒に掃除もしていきました。

できるところから断捨離&掃除

紙に書き出し見える化したところで、一気に全部やるわけではなく何日かに分けてできるときにできるところを片付けていきます。

時間のかかるところもあれば、仕事前のちょっとした時間でできる掃除もありました。

私の家の場合、ウォーターサーバーの上を拭くや、洗濯機の上を拭くなどは紙に書き出すほどでもないのですが、紙に書き見える化して掃除し、完了することでリスクを完了させたということも見える化されます。

今回の断捨離&掃除で自分自身がどのくらい完了させたかを紙で見ることができます。

休みの日には時間のかかるところを1つでも完了させる

休みの日は仕事がある日よりも断捨離や掃除に時間を使うことができます。

そのため紙に書き出したときに時間のかかる場所に⚪︎を入れておき⚪︎が入っている場所は時間のある時に片付けることにしました。

1箇所やってみて疲れてしまったら、一旦そこで断捨離はやめて休みます。

もし1箇所やってまだ行けそうだなと感じたら、体力と相談して⚪︎がついている場所なのか、簡単にできるところなのかをみて決めました。

1日で終わらせなくてもいい

今日は1日休みだから終わらせようと思うこともあるのですが、1日中断捨離や掃除をしているとかなり疲れます。

そのため少しずつ進めていくことが家の中全ての断捨離を行うために必要であると考えます。

1ヶ月などの期間を設けて今月は断捨離の月のような感じで片付けをしていくのもいいかと思いました。

捨てるものと再利用できるもの

私の家には大した物はなので、ほとんどゴミになるものが多いのですが、ゴミにするのは勿体無いと感じてしまうことがあります。

そんな時は、リサイクルショップに行って買取をお願いすることも可能なので高く売れるからというわけではなく捨てるよりは、もしかしたら別の誰かが使ってくれるかもしれない、数十円でもお金になって返ってくる可能性があると思うことで、以前買い物してしまった自分自身を責めることも少なくなりました。

ある程度リサイクルショップに行くものはまとめておくと実際目で見ることができます。

ゴミも週に何度か決まっていて、私の家は24時間ゴミ出しができない地域となるので、ある程度どのくらいゴミを出したのかまとめてみると目にみてこんなにゴミを出したのかとわかり次回ものを購入する時にも本当にいるのかなと考えることができます。

断捨離をして得たこと

今回の断捨離(掃除)をしていくつか得たことがあります。

普段の何気ない片付けの重要さ

普段ちょっとしたことでも机の上に置きっぱなしになっているものが多く、その積み重なりが今回の断捨離をしなければならないことに繋がっていると考えました。

それぞれの物を置きぱなしにするのでなく、元通りの場所へ戻すことが重要だと感じました。

置きっぱなしということが家を汚くしている原因であるということに気づきました。

時間の短縮

断捨離と一緒に収納する際にきれいに片付けをすることで、引き出しの中身がわかりやすくなりものを探す時間が短縮されました。

不要なものがないとすぐ物がどこにあるのかわかります。

大切なものの重要さ

普段大切にし過ぎて使えてないものが多くあり、もったいないことをしていると気づきました。

好きなものは残して普段から利用するようにして、大切にしているけど使わないものはリサイクルショップや処分しました。

好きなものを使うと日常の生活の中で気分が良くなりました。

今後も好きなものを選んで購入して好きなものを使って生活をしていきたいです。

家にもっと興味を持つようになる

元々家で過ごす時間がとても好きでした。

いらないものが家から無くなりきれいになると、もっと家で過ごす時間が好きになり、家でより良い生活をするために本当に必要なものを考えるようになりました。

私は普段リビングでPCを開いて作業をしていますが、リビングにはテレビなどの誘惑があり、集中できないこともあります。

そのため別部屋で私の作業部屋が作れないか考えるようになりました。

机は確保できたので今後はずっと使っていける椅子を探したいです。

お金になる

リサイクルショップに行ってものを売ることでお金になります。

私の家にあるものはブランド物でもなく、どこでも購入ができる物なので1つ1つのものにそこまで高い価値はありません。

捨てるよりは気持ち的にリサイクルショップの方がいいのかなと私は考えてしまうため、リサイクルショップでもお金にならないと言われたものは、持って帰り家で捨てました。

リサイクルショップに行くことで、もしかしたら別の誰かが購入して使ってくれるかもしれない。そう思うとリサイクルショップに行く意味というのもあると考えています。

これは私だけかもしれませんが、棚の中から封筒が出てきてお金が入っていたのです!

私が棚にしまって忘れてしまっただけなのですが、お金にとって失礼なことをしていました。

断捨離ポイント

今回断捨離をして私がリサイクルショップもしくは処分することにしたポイントを紹介します。

しばらく使われていないもの

棚の中やクローゼットの中にあるもので、しばらく使われていないものがあれば不要なものと判断できると思います。

昔の財布や、使わなくなったアイパッド、今はほとんど見ないDVD、普段使っていないメガネなど普段の生活で使っていないものは処分またはリサイクルショップへ持っていきました。

いつか使うと取ってあるもの

いつか使うかもと思っているものは、きっと使うときは来ないので捨てるorリサイクルショップへ持っていきました。

いつ使うと購入していつから家にあるのか考えてみたところずっと前からある物が多く、消耗品以外は処分しました。

1年きていない洋服

1年着ていない洋服は今年、来年も着ることがないと思い、処分しました。

読み終わった本

一度読んだ本でいいなと思った本を家に置いていたのですが、ある本を読んだときに「また読みたかったら買えばいい。新しい気分で本が読める」ということを読みました。

一度読んだ本は、なかなか読む機会がないのと読みたくなった時に購入して新しい気分で読むというのがとてもいいなと思ったので私も読み終わった本はリサイクルショップへ持っていきました。

勿体無いと思いとってあったもの

少し高い物だったり、お気に入りのもので汚れるのが嫌で、使っていないものが多くありました。捨てるのももったいないと思い今使っている汚れてしまったものを処分して使っていなかったものを使うことにしました。

すると日々の生活が好きなものを使って生活できるので気分が良くなり、いつも以上に楽しく感じるようになりました。

まとめ

今回断捨離をしようと思ったのは、GW中出かけても人混みで楽しむことができないかなと思い、時間のあるGWに時間をかけて断捨離をしました。

何度か引越しをするときに、もっと捨てていればよかったのですが、捨てることもできず、今の家に持ってきてしまい、積み重ねていました。

断捨離するべきところを見える化することで、どのくらいの期間でできるのかも目安がわかります。

1日で片付けようと思うと疲れてしまうので、計画的に断捨離することで家にいる時間がさらに好きになりました。

今後は必要なものを必要な分だけ、好きなものを好きな時に使えるようにものの購入にも意識をしていきます。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次